未経験でタクシー運転手に転職するまえに知っておく4つのこと

もくじ

「タクシー運転手の仕事内容は?」
「タクシー運転手になるにはどんな資格が必要?」
「タクシー運転手の給料形態って?」

これから未経験でタクシー運転手へ転職を考えたとき、様々な疑問があると思います。

ここでは、未経験でタクシー運転手に転職を考えいるあなたに、まずは基本となる「タクシー運転手に必要な資格」、「タクシー運転手の勤務」などを解説していきます。

タクシーの仕事内容

お客様を安全に目的地まで運ぶことがタクシーの仕事です。

基本のタクシーの営業方法は主に下記の3通りになります。

  • 流し営業
  • 付け待ち
  • 無線配車

流し営業は、主に都市部での営業方法で、タクシーを走らせ手を挙げたお客様を乗せる営業方法です。

付け待ちは、駅や病院などタクシー乗り場で待機をしてお客様を乗せる方法です。

無線配車は、お客様が配車センターに電話をして予約をし、近くのタクシーがお客様を迎えに行きます。

現在は、お客様が配車センターに電話をすることなく携帯アプリを利用して、お客様に近いタクシーが迎え行く方法が普及してきています。

タクシー運転手に必要な資格

タクシーの仕事をする上で、車にお客様を乗せる場合に必要な資格は二種免許といわれる免許です。

取得方法は教習所、合宿、運転試験所で取得する俗に「一発免許」といわれる取得方法があります。

ほとんどのタクシー会社では、二種免許を取得ための費用を負担してくれる制度を設けていますので、あなたが費用を負担することがありません。

だだし、免許取得後2年以内に退社すると、取得に掛かった費用を払わなくてはいけない場合がありますので注意が必要です。

タクシードライバーに必要な普通二種免許取得までの流れ

タクシー運転手の勤務形態

タクシーの勤務形態は主に下記の3通りです。

  • 隔日勤務
  • 昼日勤
  • 夜勤

隔日勤務は、1日おきの勤務でタクシー会社が最も多く採用している勤務形態です。

勤務数は月に11~13回勤務し、19日が休みになります。

昼日勤は、朝から夕方までの勤務で、一般の会社勤務と同じ勤務になります。

夜勤は、夕方から深夜までの勤務になり、タクシーを最も利用する時間帯が勤務のため稼ぎやすい勤務形態です。

勤務日数は、日勤(昼勤)と同じく月22~24回勤務する形態です。

タクシードライバーの勤務形態は「隔日勤務」「日勤」「夜勤」「定時制」の4種類

タクシー運転手の給料形態

タクシー運転手の給料は、ほとんどのタクシー会社が歩合制を採用しています。

歩合制でも下記の3通りの給料形態があります。

  • A型賃金
  • B型賃金
  • AB型賃金

A型賃金は、一般の企業の営業職と同じ給与形態であり、固定給・歩合給・賞与で構成されています。固定給の部分が安定していますが、歩合率が低めに設定されている給料形態です。

B型賃金は、完全歩合制で「給与=月の売り上げ×○○%」という計算式で収入が決まります。最もシンプルで分かりやすい給料形態です。

AB型賃金は、A型賃金とB型賃金の中間に位置する給料形態で、毎月の支給額から一部を積立て、年に3~4回に分けて積立て分が賞与として支給されます。

現在多くのタクシー会社が採用している給料形態はAB型賃金です。

タクシードライバーの給料・年収

まとめ

タクシーの仕事の基本について説明しました。

タクシー業界は未経験の方にはわかりにくいことが多いです。

そのため、より理解を深めるためにタクシー転職に特化した転職エージェントに相談することをおすすめします。

相談は完全無料ですので、まずは登録をしてタクシーの仕事について気楽に相談してみてください。

Scroll to Top