タクシードライバーに転職して後悔や失敗をしないためには知っておく事とは

もくじ

タクシードライバーに転職を考えるうえで、「こんなはずじゃなかった」と後悔や失敗をしたくはありませんよね。

タクシードライバーの仕事は、働き方や給料面で一般的な働き方と大きく違います。また、タクシードライバーに転職してくる多くが未経験の方です。

そのため、タクシードライバーに転職して「想像していた仕事内容が違っていた」と、後悔や失敗をしたと感じる人がいます。

そこでこのページでは、「実際にどのようなことで後悔や失敗をしたのか?」「後悔や失敗をしないめにはどうしたらいいのか?」を、経験も踏まえて解説していきます。

タクシードライバーに転職して後悔や失敗したと感じる事とは

タクシードライバーに転職をして後悔や失敗をしたと感じた事とは、どのようものでしょうか?
おもに、以下のようなものになります。

  • 思ったほど稼げない
  • 長い勤務時間で体力が持たない
  • 泥酔した客やクレームの対応に嫌気がさした
  • 事故や違反のリスクが高い

など、それぞれについて詳しく解説していきます。

思ったほど稼げない

タクシードライバーに転職して後悔や失敗したと感じた多くの人が「思ったほど稼げない」があります。

タクシードライバーの給料は月の売上げで決まる歩合給です。また、営業する地域やタクシー会社によっても大きく変わってきます。

そのため、「月35万円可」などの求人広告を鵜呑みにして、「簡単に稼げるだろう」と思いタクシードライバーに転職したものの「思ったほど稼げない」と、後悔するケースがあります。

タクシー未経験の方であれば、そのように思うのも仕方がないところはあります。

しかし、タクシーで稼ぐには運やツキもありますが、安定的に稼ぐには、経験と努力が必要になります。それを補うために、給与保障のあるタクシー会社で、会社によりますが3~6ヶ月間の保障期間を利用して、地理など稼ぐための経験を積んでいく必要があります。

長い時間勤務で体力が続かない

タクシードライバーの仕事は、座りっぱなしで、冷暖房が効いた快適な車内で重たい荷物を運ぶこともないし、一見楽そうに見えますが、実際は体力が必要な仕事なんです。隔日勤務の場合、朝出勤して深夜に退社するまでの拘束時間が最大21時間になります。

そのため、いままで一般的な朝から夕方までの勤務で働いて来た方や、夜が苦手な方にとっては体力的にきつく後悔したと感じる人がいます。

どうしても隔日勤務に不安がある方は、朝から夕方までの日勤(昼勤)を採用しているタクシー会社で勤務する選択肢があります。

管理人はそれほど勤務が長いと感じることがありませんでしたが、40代に入ってガクンと体力が落ちたなぁと感じました。特に夜の運転では疲れ目で目がショボショボになり、長時間同じ姿勢のため肩こり、腰痛にも悩まされました時期がありました。

そのため、休憩時には車から降りてストレッチをする事を習慣にしていました。同僚の中には痔になって円ざぶ(ドーナツ型のクッション)を使っているなんて人もいました。

また、タクシードライバーの食事も外食になりがちですので、日ごろの健康管理が必須です。

泥酔した客やクレームの対応に嫌気がさした

タクシードライバーに転職する理由に、社内の上司や同僚などの人間関係に悩んでタクシードライバーに転職する方がいます。タクシードライバーの仕事は朝、会社を出庫してしまえば深夜まで戻ることがありません。

そのため、社内の人間関係に悩むことが少ないです。しかし、タクシードライバーの仕事は、様々なお客様に対応しなければなりません。

例えば、1日で最も稼ぐことができる深夜の時間帯は、お酒を飲んで乗車してくるお客様がほとんどです。
そのため、中には泥酔して絡んできたり、暴言ををはかれたりと様々なお客様を乗せます。

また、お客さまから理不尽なクレームの対応に嫌気をさしてタクシードライバーに転職して後悔したと感じる人がいます。

このようなお客様の対応に慣れるまでは大変ですが、タクシードライバーとしてやっていくには、いい意味で「図太さ」が必要になります。

事故や違反のリスクが高い

これはタクシードライバーに限らす、ハンドルを握る仕事全般に言えることですが、事故や違反のリスクが高いのです。

特にタクシーの場合、お客様が乗車するときや降車するときのドアの開閉時による事故や前方不注意による事故が多いです。

また、お客様から「あっそこ曲がって」と急な進路変更を指示され進路変更違反で捕まってしまった、「あっここでいいや」と言われ車を止めたらバイクに追突されてしまったなど。

もちろん、日頃から気を付けていれば、防げる事故や違反もあります。しかし免停や免許取り消しになってしまえば収入がなくなってしまうことから、後悔したと感じることがあげられます。

また、万が一の事故に対して「事故補償」があるタクシー会社選びは必須です。

後悔しないためには会社選びが重要

タクシードライバーに転職して後悔や失敗をしないためには、タクシー会社選びが重要です。
そのためには、あなたがどのような条件で、何を優先にするかを事前に知っておく必要があります。
例えば、

  • とにかく稼ぎが優先であれば、知名度、営業力がある会社
  • どうしても体力的に自信がないので隔日勤務以外の勤務形態を選べる会社
  • タクシー未経験なのでお客様の対応や運転技術など、一からしっかり学びたいのであれば、研修制度が充実している会社
  • 万が一の事故のために事故補償がある会社

などが挙げられます。

まとめ

後悔や失敗をしないためには会社選びが重要ですが、あなた自身がタクシードライバーに向いているか?向いていないか?を知ることも大事です。そして多くの求人情報を見ることも大切です。

ただ、タクシードライバーに転職する多くが未経験の方です。そのため、どこの求人情報を見ても同じような内容で判断が難しいところがあります。

そのため、タクQなど転職サイト(転職エージェント)を活用する選択肢があります。
タクシー転職のプロが「あなたの今の状況」、「希望する条件」などの相談を完全無料でおこなってくれるんです。

タクシードライバーに転職をして後悔や失敗をしないために、このようなサービスをうまく活用していくことをおすすめします。

Scroll to Top