フリーターからタクシー運転手になれるの?

もくじ

「フリーター歴が長い」
「このままで、大丈夫なのだろうか」
「そろそろ正社員で働きたい」

このように思っていても正社員で雇ってもらえるか不安を感じていませんか。

確かにフリーター歴が長いと正社員として就職するには厳しい部分があるでしょう。

ですが、タクシー業界は基本的に年齢・学歴は関係なくフリーターからでも正社員として採用されやすいです。

そこでこのページでは、フリーターからタクシー運転手になるための条件からどのような人がタクシー運転手に向いているのかまでを解説していきます。

タクシー運転手になるための条件とは

タクシー運転手の仕事は、接客業であることから一般常識があって、清潔感がある人。

あと、やる気のある人が条件です。

なので、学歴を気にしている方は心配無用です。

また、タクシーの仕事をするには、タクシーにお客様を乗せるための二種免許が必要です。

それには、普通免許を取得して3年以上経過していることが条件で、AT限定でも大丈夫です。

普段車の運転をすることがなく、ペーパードライバーでも基本的に大丈夫です。

二種免許を取得するための費用は、ほとんどのタクシー会社が負担してくれるので安心です。

ただ、入社後2~3年以内に退職すると取得に掛かった費用を返済しなければならないので注意が必要です。

タクシー運転手の働きかた

タクシー運転手の働き方はおもに下記の3つ。

  • 1回で2日分を勤務する「隔日勤務」
  • 朝から夕方までの「昼日勤」
  • 夕方から翌朝までの「夜勤」

この中からあなたのライフスタイルに合わせて働き方を選ぶことができます。

たとえば、タクシーの一般的な隔日勤務の場合。

勤務時間は朝7時に会社を出庫して翌2時に帰庫するイメージです。

これを月に11~13回、事前に決められたシフトで勤務します。

一回の勤務時間は長いですが月の半分以上が休みになるのでプライベートの時間が確保しやすいのが特徴です。

フリーターからタクシー運転手に転職するメリット・デメリット

どんな仕事にでもメリットとデメリットが、タクシーの仕事では下記のようなものになります。

メリット

  • 正社員になれて社会保険に加入でき有給休暇がある
  • 年齢・学歴が重視されることがほとんどない
  • 頑張った分だけ給料がもらえる
  • 休みが多いから自分の時間がとりやすい
  • 社内の人間関係に悩むことが少ない

デメリット

  • 勤務時間が長い
  • 給料が安定しない
  • 事故・違反のリスクが高い

タクシー運転手に向いている人

タクシー運転手の仕事に興味があっても向いていなければストレスになってしまいます。

では、どのような人がタクシー運転手に向いているのでしょうか。

運転が好き

タクシーの仕事は長い時間運転をすることになります。

そのため、運転が好き、運転に興味がある人は向いていると言えます。

気配りができる

お客様が目的地まで快適に乗ってもらえるために車内の空調など、ちょっとした気配りができる人が向いています。

人と話すことが好なコミュニケーション力がある人も向いていますね。

向上心がある

タクシーの仕事で向上心がある人に向いています。

タクシーの給料は頑張った分だけ給料に反映する給与形態なので、この時間は○○に行けばお客様がいるや○○でイベントがあるなど、研究熱心で向上心がある人にタクシーの仕事が向いています。

まとめ

フリーターからでも正社員でタクシー運転手になることは可能です。

もちろん向き不向きがありますが、あなたがタクシー運転手に向いているかを考えてみてください。

また、タクシー業界は未経験の方にはわかりづらいことが多いので、無料転職支援サービス「タクQ」でプロのカウンセラーに相談することをお勧めします。

相談は無料なので、このようなサービスを上手く活用してフリーターからタクシー運転手への一歩を踏み出してください。


タクシードライバーへ転職を行うときは、転職をサポートしてくれる転職サイトを有効に活用することであなたに適した求人と出会うことができるようになります。

また、タクシードライバーへ転職をする人の7割は未経験者といわれています。そのため、あなた自身で求人を検索しても、どこも同じような内容で自分に合った求人を見つけるには難しく現実的ではありません。

転職サイトに登録して専門のコンサルタントに依頼すれば、あなたに合う条件を選択できるだけでなく、企業との条件交渉まで無料で行ってくれます。

ただ、転職サイトによって対応やサービスの内容が異なります。たとえば、サポート面で電話、メール以外に直接会って転職相談ができるところもあれば、電話、メールだけのところもあります。また、大手の求人に強いサイトがあれば、中小の求人に強いサイトもあります。

これらの転職サイトを活用する際は、それぞれの転職サイトの特徴を理解することが大切です。以下のページでおすすめの転職サイトの特徴を解説しています。それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。


Scroll to Top