タクシー運転手の仕事はAIに奪われる?タクシー業界の将来性について解説

もくじ

タクシー運転手に転職しても自動運転が進んでいずれ職を失うのではなかと不安に思いますよね。

確かに自動運転の技術が進んでいるのは事実ですが、それにはクリアにしなければならない問題が山積みで完全自動化になるにはまだまだ先の話と考えます。

タクシー自動運転化を開発する背景と問題点について解説していきます。

タクシー自動運転化を開発する背景

タクシーの自動運転を開発する背景には高齢化による運転手の人手不足が挙げられます。

これはかなり深刻な問題でタクシー運転手の平均年齢は平成30年では60.1歳となり、年々増加傾向にあります。

一年中求人を行っていることで知られる業界ですが、なかなか成り手がいないのが現状です。

また、少子高齢化社会でこれからタクシーの需要が見込まれるにもかかわらず人手不足が原因で需要と供給のバランスが取れなくなってくると予想されます。

そこで、AIによる自動運転化によって人手不足を補うという背景があるのですね。

まだまだ自動運転には問題が山積み?

とはいえ、自動運転化にはまだまだ問題は山積みです。

たとえば、

  • 事故を起こしたときの責任の所在
  • インフラの整備
  • 法の整備
  • ハッキング対策

などが解決しなければならない課題です。

また、タクシーは目的地によって狭い道路や入り組んだ道にも行くことからAIがどこまで臨機応変に対応できるか、も課題ですね。

たとえば、狭い道路ですれ違うとき、人と人であればアイコンタクトや手ぶりなどで譲り合いをしますよね。

このときAIだとどのような動きをするのでしょうか?

個人的にとても興味があります。

無人タクシーのハードルは高い

タクシーは老若男女、様々なお客様が乗車します。

そのため、車酔いしやすいお客様や急いでいるお客様、車椅子のお客様などにも臨機応変に対応しています。

ほかにも、酔って寝込んでしまっているお客や車内で吐かれしまったときの対応は有人でないとAIでは難しいですよね。

無人タクシーは、これらの課題をクリアにするには非常にハードルが高いです。

なので、AIによる無人タクシーと有人のタクシーが共存していくのではないかと思います。

まとめ

AIによる自動運転化は、まだまだ問題が山積みですが確実に技術は進歩しています。

はっきりしたことは言えませんが、AIタクシーが実現するには20、30年先の話ではないかと個人的には考えています。


タクシードライバーへ転職を行うときは、転職をサポートしてくれる転職サイトを有効に活用することであなたに適した求人と出会うことができるようになります。

また、タクシードライバーへ転職をする人の7割は未経験者といわれています。そのため、あなた自身で求人を検索しても、どこも同じような内容で自分に合った求人を見つけるには難しく現実的ではありません。

転職サイトに登録して専門のコンサルタントに依頼すれば、あなたに合う条件を選択できるだけでなく、企業との条件交渉まで無料で行ってくれます。

ただ、転職サイトによって対応やサービスの内容が異なります。たとえば、サポート面で電話、メール以外に直接会って転職相談ができるところもあれば、電話、メールだけのところもあります。また、大手の求人に強いサイトがあれば、中小の求人に強いサイトもあります。

これらの転職サイトを活用する際は、それぞれの転職サイトの特徴を理解することが大切です。以下のページでおすすめの転職サイトの特徴を解説しています。それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。


Scroll to Top