タクシードライバーの給料と年収を解説

もくじ

「タクシードライバーは、どのくらい稼げるのだろう?」

タクシードライバーへ転職を考えている人にとって、収入は一番気になるところだと思います。
「タクシードライバーの給料は安い」というイメージをもっている人もいると思います。

厚生労働省が実施している平成28年分の「賃金構造基本統計調査」によると、タクシードライバーの平均年収は332万円です。これに対して全産業の平均年収は549万円で、タクシードライバーの平均年収より217万円も高いです。

つまりタクシードライバーの収入は、一般的な職業と比べるとかなり低いことが分かります。

しかし、タクシードライバーの収入は、「どの地域で仕事をするか」で変わります。全国で最も年収が高い東京を例に挙げると、タクシードライバーの平均年収は442万円です。

また、上記の金額はあくまでも平均であり、タクシードライバーの営業努力次第で収入は大きく変わります。
このページでは、タクシードライバーの給与形態とタクシードライバーの収入について解説します。

タクシードライバーの給与形態

タクシードライバーの給与形態は、主に、「A型賃金」「B型賃金」「AB賃金」の3種類があります。
この給与形態はタクシー業界特有のもので、詳細はタクシー会社の給与規定により異なります。

A型賃金

A型賃金は、一般の企業の営業職と同じ給与形態であり、固定給・歩合給・賞与で構成されています。固定給の部分が安定していますが、歩合率が低めに設定されている給与形態です。

給料の内訳は、次のようになっています。

  • 固定給(基本給、年功給、家族手当、皆勤手当など)
  • 歩合給
  • 年2回の賞与
  • 退職金

以前はA型賃金が主流でしたが、現在A型賃金を採用しているタクシー会社はほとんどありません。タクシードライバーにとってA型賃金は、「固定給が安定している」という点がメリットです。

しかし、A型賃金では売上げが少なくてもドライバーに一定の給料を支払う必要があり、タクシー会社にとっては大きな負担になります。

そのため、ほとんどのタクシー会社は、以下で紹介するB型賃金やAB型賃金に移行しています。

B型賃金

B型賃金は「給与=月の売り上げ×○○%」という計算式で収入が決まる、最もシンプルで分かりやすい給与形態です。

B型賃金は「完全歩合給制」のため賞与はありませんが、頑張った分だけ給料が高くなります。そのため、「しっかり稼ぎたい人」におすすめです。

ただし完全出来高制のため、月の売り上げに変動があるのがデメリットです。

AB型賃金

現在、多くのタクシー会社が採用しているのがAB型賃金です。AB型賃金は、A型賃金とB型賃金の中間に位置する給与形態です。

分かりやすくいうとAB型賃金には、「A型賃金の固定給」と「B型賃金の歩合給」が取り入られています。

AB型賃金の特徴は毎月の支給額から一部を積立て、年に3~4回に分けて積立て分が賞与として支給されます。毎月積立てる額は「月の売上げの約10~15%」です。

たとえば月の売上げが60万円で、歩合率が60%とします。そして積立金が売上げの10%とすると、月の給料が60万円×(60%-10%)=30万円、月の積立て分は60万円×10%=6万円となります。

年に3回の賞与が支給される場合、1回の賞与で6万円×4か月分=24万円が支給される計算になります。

AB型賃金は、各タクシー会社の給与規定によって給料が変わります。A型賃金の固定給を重視する会社や、B型賃金の歩合給の割合を多くする会社があるためです。

このような給料についての詳細は、求人誌などで得るのは難しいです。自分に合った給与形態のタクシー会社を見つけるために、タクシー専門の転職サイトで無料相談を申し込むことをおすすめします。

タクシードライバーの収入

タクシードライバーの収入は冒頭でお伝えしたように、地域によって収入が変わります。全国でも最も稼げる東京(23区・武蔵野市・三鷹市)では、1日どれくらい稼げるのでしょうか?

下記の表は、東京で働くタクシードライバーにおける、1日あたりの売上げ平均をまとめたものです。データを見ると、売上げは毎年少しずつ増えているのが分かります。


参考:一般社団法人東京ハイヤー・タクシー協会

平成28年度における東京のタクシードライバーは、1日あたりの約49,000円を売上げます。たとえば、給与形態がAB型賃金で、給与として、月に12回勤務(隔日勤務)・歩合率60%・賞与分の積立てが10%とした場合を算出してみます。

1ヶ月の売上げ:49,000円×12乗務=588,000円
月の給与(総支給額):588,000円×(60%-10%)=294,000円
賞与の積立て分:588,000円×10%=58,800円
賞与が年3回の場合、1回の賞与で、58,800円×4ヶ月分=235,200円
年収:月収294,000円×12か月分+賞与235,200円×3回分=4,233,600円となります。
※月間の売上げ、会社ごとの歩合率などで収入は変わります。

「東京は稼げる」といっても、仕事をするタクシードライバーによって収入の格差があります。

タクシー乗り場だけでずっと仕事をするタクシードライバーもいますが、私の友人で都市部を回っているタクシードライバーは、暇な時間帯でも効率良く稼ぐために「近くのスタジアムでイベントがあるから、たくさん人がいそうだ」のように、常にお客様がいそうな場所を考えて営業しています。

その友人の月収は、手取りで40万円を切ることはありませんでした。その反面、手取りの月収が20万円を切るドライバーもいます。

また、地方でも、東京と同じくらいの売上げをあげられる地域もあります。郊外で仕事をしている私の友人は、近距離のお客様が多い「駅のタクシー乗り場」で回数でこなし、無線配車(タクシー配車センターに予約をしたお客様を送迎する仕事)の仕事もすることで、月間の売上げを常に70万円前後でキープしています。

まとめ

このページではタクシーの給与形態と収入について解説しました。タクシードライバーの平均年収は一般的な職種と比べると低いですが、特に都市部などでは仕事の仕方次第で、収入を上げることが可能です。

これはベテランドライバーに限られたことではなく、新人ドライバーにもあてはまります。
また、現在主流のAB型賃金は、頑張った分が給料に反映されます。そのため、やりがいが持てる給与形態といえます。これからタクシードライバーへ転職を考えている場合は、参考にしてください。


タクシードライバーへ転職を行うときは、転職をサポートしてくれる転職サイトを有効に活用することであなたに適した求人と出会うことができるようになります。

また、タクシードライバーへ転職をする人の7割は未経験者といわれています。そのため、あなた自身で求人を検索しても、どこも同じような内容で自分に合った求人を見つけるには難しく現実的ではありません。

転職サイトに登録して専門のコンサルタントに依頼すれば、あなたに合う条件を選択できるだけでなく、企業との条件交渉まで無料で行ってくれます。

ただ、転職サイトによって対応やサービスの内容が異なります。たとえば、サポート面で電話、メール以外に直接会って転職相談ができるところもあれば、電話、メールだけのところもあります。また、大手の求人に強いサイトがあれば、中小の求人に強いサイトもあります。

これらの転職サイトを活用する際は、それぞれの転職サイトの特徴を理解することが大切です。以下のページでおすすめの転職サイトの特徴を解説しています。それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。


Scroll to Top