女性がタクシードライバーにおすすめする5つのポイント

もくじ

タクシードライバーと言えば、男性のイメージを持つ方が多いと思います。

一般社団法人全国ハイヤー・タクシー連合会の調べによると、平成29年全国の女性タクシードライバーの数は、7,292人。平成27年と比べ、6.0%増加しています。

全体と比べるとまだまだ少ないですが、女性タクシードライバーが増えていることがわかります。

女性ドライバーが働きやすい環境とは


また、女性の募集に力を入れている会社では、下記のような働きやすい環境を整えています。

  • 柔軟な勤務時間、勤務シフトを設定することが可能
  • 女性専用の休憩室や更衣室を完備
  • 子育て中の女性に安心な提携保育所
  • 一定期間、給与を保証してくれる制度
  • 二種免許など、資格取得するための制度

など、女性が働きやすい環境を整えています。

柔軟な勤務時間、勤務シフトを設定することが可能

タクシードライバーの勤務形態は、おもに一日おきに勤務する「隔日勤務」、朝から夕方までの「昼日勤」、夕方から翌朝までの「夜勤」の3通りになります。

この勤務形態の中からあなたのライフスタイルに合わせて選ぶことができます。

また、女性ドライバーの多くが昼日勤で勤務することが多く、勤務時間も柔軟に対応が可能です。

女性専用の休憩室や更衣室を完備

女性の募集に力を入れている会社では、女性専用の休憩室や更衣室が完備しています。

子育て中の女性に安心な提携保育所

子育て中の女性が安心して仕事と両立できるように提携保育所を用意しています 。

一定期間、給与を保証してくれる制度

会社によって違いがありますが、3ヶ月〜6ヶ月間給料を保証してくれる制度があります。

この保証期間を利用して、まずは、売り上げを気にせずに地理やタクシーのルールなどを覚えることに専念することができます。

二種免許を取得するための制度

タクシードライバーになるには、お客様を乗せるために必要な「普通二種免許」が必須です。

通常、二種免許を取得するには25万円程度の費用が掛かりますが、タクシー会社では、「養成制度」を設けていますので、あなたが費用を負担することはありません。

女性ドライバーの多くが人気の理由とは

タクシーといえば、タクシー乗り場や手を挙げたお客様を乗せること以外にも、下記のようなサービスを展開しています。

  • お子さんを学校や塾などに送迎
  • 通院や買い物などのお手伝いをサポート
  • 妊娠中のお出かけや陣痛時に病院への送迎など。

これらのサービスを利用するお客様から「女性でよかった」「女性で安心できた」との声が多く、女性ならではの細やかな気遣いでドライバーの需要が高まっています。

まとめ

まだまだ、全体の比率からすると女性ドライバーの数は多くはありません。

まだまだ、全体の比率からすると女性ドライバーの数は多くはありませんが、業界では女性を求めています。

そして、女性を積極的に募集している会社では、子育て中の方にも仕事と両立できる働きやすい環境を整える企業努力をしています。

ただ、「実際にどの会社がいいの?」、「どこか直接相談できるところがないの?」などと思いますよね。

そこでおすすめするのが、タクシーに特化した転職サイトの「タクQ」です。タクQは業界でも珍しい女性のための窓口を設けています。

もちろん相談は完全無料なので、まずは気楽にエントリーをして相談してみてくさい。

女性の無料転職支援サービス「タクQ」はこちら


タクシードライバーへ転職を行うときは、転職をサポートしてくれる転職サイトを有効に活用することであなたに適した求人と出会うことができるようになります。

また、タクシードライバーへ転職をする人の7割は未経験者といわれています。そのため、あなた自身で求人を検索しても、どこも同じような内容で自分に合った求人を見つけるには難しく現実的ではありません。

転職サイトに登録して専門のコンサルタントに依頼すれば、あなたに合う条件を選択できるだけでなく、企業との条件交渉まで無料で行ってくれます。

ただ、転職サイトによって対応やサービスの内容が異なります。たとえば、サポート面で電話、メール以外に直接会って転職相談ができるところもあれば、電話、メールだけのところもあります。また、大手の求人に強いサイトがあれば、中小の求人に強いサイトもあります。

これらの転職サイトを活用する際は、それぞれの転職サイトの特徴を理解することが大切です。以下のページでおすすめの転職サイトの特徴を解説しています。それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。


Scroll to Top