50代での転職は人気のタクシー運転手がおすすめの理由

もくじ

50代での転職は人気のタクシー運転手がおすすめの理由

50代での転職は、一般的に特別なスキルや経験が求められます。

それが異業種に転職となるとハローワークや求人誌などで募集があっても、なかなか採用までいたらないケースが多く厳しいのが現実です。

その点、タクシー業界は、高齢化と深刻な人手不足で50代未経験者であっても積極的に正社員として採用されやすいです。

ですので、50代新人でもタクシー業界では決して珍しいことではないんです。

ちなみに、平成30年タクシー運転手の平均年齢は60歳。東京都は55歳です。

タクシー運転手は50代〜60代の人たちが中心にタクシー業界を支えているんですね。

50代でタクシー運転手になるために必要な資格とは

タクシー運転手になるためには、「普通二種免許」という、お客様を乗せるための必要な資格です。

取得条件は、普通免許取得後3年以上経過していること以外にも、適性検査にパスする必要があります。

いくつかの検査項目の中でも特に「深視力検査」です。

深視力とは、両眼視機能のことで、ふたつの目で見る力「遠近感」や「立体感」を捉える目の能力をいいます。

どうしても50代になると、視力の低下や反射神経が衰えてきます。

そのため、慣れもありますが深視力検査で引っかかってしまうケースがあります。

この検査器は、街中のめがね店に設置してある店舗がありますので不安に思う方は試してみてはいかがでしょうか。

取得方法については、ほとんどのタクシー会社で「養成制度」を設けているので、会社指定の教習所において、14日程度で取得できます。

取得に掛かる費用は会社が負担してくれるので心配ありません。

ただし、免許取得後2~3年以内に退職したときは、取得に掛かった費用(約20~25万円)を返済しなければならないので注意が必要です。

また、会社によって養成制度に年齢制限のある場合がありますのでこちらも確認が必要です。

二種免許の他に、東京、神奈川、大阪の都市部で営業する場合には、「地理試験」に合格する必要があります。

試験内容は、幹線道路名や交差点名、施設名、経路問題などが、すべて選択問題で出題されます。

地理試験の合格率は、おおよそ40~50%で平均受験回数は5~6回です。

難易度が高く、1回で合格するのは難しいです。しかし多くのタクシー会社では、地理試験対策として勉強会などを行い、独自のサポートをしています。

そのため、しっかり取り込めば必ず合格できますので心配は必要ありません。

50代タクシー運転手の働き方

タクシー運転手の勤務形態はおもに下記に3通りになります。

  • 隔日勤務
  • 昼日勤
  • 夜勤

隔日勤務は、一日おきの勤務になります。

会社によって違いますが、「朝6時に出勤して深夜2時に帰庫する」などが一般的です。

一乗務の拘束時間は、約21時間と長いですが、その分翌日は休みになります。

勤務日数は、月に11~13回。1ヶ月の勤務が12乗務の場合は、休みが19日となり、とても多いです。

これは隔日勤務の特徴といえます。

家族の介護や趣味など、それぞれのライフスタイルに合わせて休みを有意義に活用することができます。

日勤(昼勤)は、一般企業と同じような勤務形態です。

朝7時に出勤して16時に帰庫するような勤務で、拘束時間は8~9時間になります。

勤務日数は、月22~24回です。

日勤(昼勤)は、おもに年配の運転手や女性の運転手が多いです。

また、「長い拘束時間で体力に自信がない」「どうしても夜が苦手」などの場合は日勤(昼勤)のある会社を検討するのもいいでしょう。

夜勤は、タクシーが最も利用される深夜の時間帯に毎日営業するため、稼ぐことのできる勤務形態です。

勤務時間は、17時~深夜2時に帰庫するような勤務で、日勤(昼勤)と同じく、拘束時間は8~9時間になります。

勤務日数は、月22~24回です。

夜勤は、昼夜逆転生活になりますので、夜が苦手な人には難しい勤務形態です。

タクシー運転手の平均年収

タクシー運転手は、どれくらいの収入があるのか気になるところですよね。

平成30年のタクシー運転手の平均年収は、348万円。最も稼ぎが良い東京では470万円です。

このデータは、年金をもらいながらアルバイト感覚で乗務している人も含まれているので、実際は平均以上稼ぐことは可能です。

ただ、タクシー運転手の給与は歩合給のため、収入に個人差が出てしまいます。

稼ぐためには、どの地域で営業するかが重要ですが、稼ぐための努力も不可欠です。

50代でタクシー運転手に転職しても長く働くことができる   

50代でタクシー運転手に転職して少しでも長く働きたいと思う人が多いです。

タクシー会社では、定年を60~65歳に設定しています。その後は嘱託社員や定時制などの雇用形態で70~75歳まで働くことができるようになっている会社がほとんどです。

このように50代でタクシー運転手に転職しても長く働くことができるのです。

まとめ

50代での転職はとても厳しいのが現実です。その点、タクシー会社は、50代でも正社員として採用されやすく、長く働けることも魅力の一つです。

また、転職するには情報収集が大事です。

ただ、タクシー業界の勤務形態や給料面など、タクシー会社によってに違いがあり、未経験の人にはわかりづらいと思います。

そこで、タクシー転職に特化した転職サイト「タクQ」の利用をおすすめします。

タクQは、タクシー業界に詳しいプロのコンサルタントが完全無料で相談、サポートをしてもらえるんです。

まずは気楽に登録をして無料相談を受けてみてください。


タクシードライバーへ転職を行うときは、転職をサポートしてくれる転職サイトを有効に活用することであなたに適した求人と出会うことができるようになります。

また、タクシードライバーへ転職をする人の7割は未経験者といわれています。そのため、あなた自身で求人を検索しても、どこも同じような内容で自分に合った求人を見つけるには難しく現実的ではありません。

転職サイトに登録して専門のコンサルタントに依頼すれば、あなたに合う条件を選択できるだけでなく、企業との条件交渉まで無料で行ってくれます。

ただ、転職サイトによって対応やサービスの内容が異なります。たとえば、サポート面で電話、メール以外に直接会って転職相談ができるところもあれば、電話、メールだけのところもあります。また、大手の求人に強いサイトがあれば、中小の求人に強いサイトもあります。

これらの転職サイトを活用する際は、それぞれの転職サイトの特徴を理解することが大切です。以下のページでおすすめの転職サイトの特徴を解説しています。それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。


Scroll to Top