タクシー運転手がきついと思う5つの事とは

もくじ

タクシー運転手に転職を考えたとき、漠然とタクシーの仕事はきついというイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。

長時間勤務?歩合制の給料?など。

このページでは、具体的にどのようなことがきついのか解説していきます。

タクシー運転手がきついと思う5つの事とは

1.勤務時間が長くてきつい
2.深夜の乗務がきつい
3.給料が歩合制できつい
4.接客がつらい
5.体力的にきつい

勤務時間が長くてきつい

タクシーの勤務は約20時間におよぶことからタクシー運転手に転職して勤務時間が長くきついと感じる人が多いです。

タクシーの1日の勤務は朝7時に出勤して運行前点検、点呼をして出庫します。営業を終え深夜に帰庫し洗車、納金、日報を提出して深夜3時に業務が終了します。

出勤時間などは会社によって違ってきますがこれが一連の流れになります。

慣れるまでは1日の勤務が長くてきついと感じるでしょう。しかし勤務を終えた日は休みになるのでしっかり体を休ませることができるのです。

深夜の乗務がきつい

朝に乗務を開始して疲れが出てくる時間帯でもある深夜の乗務はきついです。

ただ深夜の時間帯は飲んで帰宅するサラリーマンや終電に乗り遅れたお客さまなどがタクシーを1日の中で最も多く利用する時間帯で一番の稼ぎ時なんです。

とはいえ、夜が苦手な人にっとは深夜の乗務はきついでしょう。

そんな場合は、日勤(昼勤)を扱っている会社で乗務する選択肢もあります。

給料が歩合制できつい

タクシー運転手の給料は完全歩合制のため、月の売り上げで給料が決まります。

売り上げの50%~60%が給料になります。

ただタクシー会社によって売り上げが一定額にいかないと歩合率が下がってしまうノルマのようなものがあることがきついと感じます。

ノルマはそれほど高い金額ではありませんので真面目に営業していれば大抵はクリアできます。

ただタクシーの仕事は、どうしても稼ぎにくい月や天候にも左右されることから、それを補うために稼ぐための努力は必須です。

接客がつらい

タクシーの仕事はお客様を安全に目的地まで運ぶことですが、接客業でもあります。

酔っぱらったお客様や絡んでくるようなお客様など、いろいろなタイプのお客様を狭い車内で接客することが必要になります。

そのため精神的につらいと感じる人もいるでしょう。

ただ経験を積んでいけば、どのようなタイプのお客様にも対応できるようになります。

慣れるまでは大変ですがタクシーの仕事は良い意味で図太さが必要なんです。

体力的にきつい

タクシーの仕事は、座ったまま冷暖房が効いた快適な車内で運転しているだけで一見楽そうに見えがちです。

しかし同じ姿勢で長い時間乗務することで、肩こりや腰痛、痔になる運転手もいます。

夏場はお客様にために冷房を強めにすることから神経痛になることもあるんです。

また食事も外食中心になることから高血圧や糖尿病になることも…。

タクシーの仕事は不規則になることから日ごろの健康管理がとても重要になってきます。

まとめ

タクシーの仕事はお客様を安全に目的地まで運ぶことの繰り返しですが、精神面と体力面できつい仕事です。
ただ実際に乗務をしてみると、きついと感じるか、思ったより楽と感じるかは人それぞれです。
なので、タクシー運転手に転職を考えるうえで、このようなことで運転手はつらいと感じることを参考にしてみてください。


タクシードライバーへ転職を行うときは、転職をサポートしてくれる転職サイトを有効に活用することであなたに適した求人と出会うことができるようになります。

また、タクシードライバーへ転職をする人の7割は未経験者といわれています。そのため、あなた自身で求人を検索しても、どこも同じような内容で自分に合った求人を見つけるには難しく現実的ではありません。

転職サイトに登録して専門のコンサルタントに依頼すれば、あなたに合う条件を選択できるだけでなく、企業との条件交渉まで無料で行ってくれます。

ただ、転職サイトによって対応やサービスの内容が異なります。たとえば、サポート面で電話、メール以外に直接会って転職相談ができるところもあれば、電話、メールだけのところもあります。また、大手の求人に強いサイトがあれば、中小の求人に強いサイトもあります。

これらの転職サイトを活用する際は、それぞれの転職サイトの特徴を理解することが大切です。以下のページでおすすめの転職サイトの特徴を解説しています。それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。


Scroll to Top